電話06-4964-7672 FAX06-4964-7673

お電話受付時間 09:00~17:00(平日)

松本晶平の毎月月記2018年8月号

[ 2018年08月01日 ] から  

問屋キングブログ 「松本晶平の毎月月記・・・毎月1回ですが、いろいろと思ったことを取り留めもなく・・・(^_^;)」 ブログ画像

いつもOSRをご利用下さり、有難うございます。

この度の大阪北部地震、そして西日本集中豪雨で被害に遭われた皆様へ心よりお見舞い申し上げます。これら天災によって不幸にもお亡くなりになられました方々のご冥福をお祈り申し上げます。

気象庁の天気予報においては今年の夏は酷暑で、太平洋高気圧が例年より強く、西日本、東日本を中心に暑い夏になるとの事で復興に携わる方々、そして皆さん方も熱中症にはくれぐれもご自愛下さい。

さて、困った事ではありますが米中、米欧間で貿易戦争とも呼べる事態がニュースのトップで報道されております。米中間の貿易戦争はアメリカが有利とも?中国がそれを知ってて最悪の事態になるとか、結果、米国の圧勝で、日本は漁夫の利になるとか、億足を呼んでおり、米国の輸入額は世界トップで22513.5億ドル(日本は5位6076億ドル)対中輸出額の4倍なので貿易戦争で撃ち合いになるとすると中国の受ける打撃の方が4倍大きい事を意味し、中国のGDPは米国より小さい のでその打撃は更に大きくなるということらしいです。また、米国は中国商品が単に安いから輸入し、商品をどこからでも、あるいは国内生産する事が可能ですが、中国は国内では出来ない電子部品やハイテク商品を輸入しているので本当に困る事態となるのです。日本に漁夫の利と言うのは米国と中国が相互に高率の関税を課しあうとすれば中国が米国から米国が中国から輸入していたものが一部日本に替わるという話です。どちらにしても貿易摩擦は今後、まだまだ起こりうる事だと 思います。

中国では大卒新卒者は過去最高の820万を超え、失業率の低下の中、毎年その人たちを何とか雇用しなければなりません。その為、今迄とは違う産業構造にしようとしています。第一次産業から第三次、第四次と本当にスピードアップして、世界の市場政治経済に全て波紋を起こしています。是非、皆様方も機会が有れば中国を観光だけでなく、様々な観点から中国を十分観察すれば、何か今迄とは違う世界が見えて来そうな感じがします。例えば街のあちこちにすごい数の監視カメラがあり、交通違反も含めて犯罪防止の為の監視があり、お金の支払もキャッシュレスが進み、QRコードによるスマホ支払(偽札が多い)であったり、タクシーは手を挙げても止まりません。※タクシーはスマホアプリで呼ばなければなりません。

会社を設立するには、親族から資金調達、学校の登下校は必ず送り迎え、結婚するには両親が必ず二人のマンションを買うのが条件など、本当に他にもたくさん面白い事があり、日本とは違った世界があります。大変勉強になります。

中国や世界は日本とは違うと言う事です。これらは日本の人口が益々減少し、外国の方々が身近に成らざるを得ない事です。そうなると、もっともっと様々な予想できない事はたくさん発生しそうです。その為にも中国そして他の外国で人間観察をすれば面白く、役に立つ事も沢山あるとおもいます。

今年は特に身体に気を付けてこの夏を無事乗り切りましょう。 商談会でお待ち致しております。


大阪船場流通マート株式会社
代表取締役 松本晶平