電話06-4964-7672 FAX06-4964-7673

お電話受付時間 09:00~17:00(平日)

松本晶平の毎月月記2017年11月号

[ 2017年10月27日 ] から  

問屋キングブログ 「松本晶平の毎月月記・・・毎月1回ですが、いろいろと思ったことを取り留めもなく・・・(^_^;)」 松本

いつもOSRをご利用下さり、有難うございます。

松本の故郷は日本海に面する国立公園の中に在り、その海鳴が聞こえる漁師町は眼の高さを超える、大海原とそのまた上には、境目がないように天空が垂れ下がり、 その微かな境目から朝日が昇り、同時に夕日も沈む、寒村です。 幼い日々、毎日のように魚釣りに明け暮れ、夏ともなると海で泳いで真っ黒な肌に、そして冬は日本海の豪雪ゆえ、ずっと春を待ち望んで家に閉じこもって過ごす日々を、自然の中で季節に融合した暮らしを都会暮らしの今でも忘れた事はありません。

年に数回ですが、帰郷する時は必ず、幼友達に会う事にしいて、今でも、帰ると何々ちゃんと呼び合い、子供心の初恋の人とも語らい、故郷の有難さを感謝し、大事にしたいと考えます。 こんな素晴らしい故郷ですが、働く場所が少なく、人口流出が止まらず、折角、能力のある人でも、故郷にいてはでは力を発揮する場所がない事が多く、地域の存続が困難になっています。 特に、漁業の他、各種の商圏も少なくなり、そこではビジネスが難しいのが課題であり、大問題です。 今までは良かっても、今までの事を見直さなくてはなりません。

昨年、アメリカの流通視察に行ってまいりました。
同様の事がこの日本でも起こっているとOSRにご参集いただいていると小売店様からもご意見をいただきました。 何時も同じことを申し上げている様ですが、10年ひと昔が現在は数か月がひと昔と言わなくてはならないくらい、時の流れが早く感じられます。 それは情報がグローバル化になり、ITが進化し、AIが台頭しているのも要因ではないでしょうか。

そしたら、解決方法とか行方は?を考えなくてはなりません。
考え方は商圏も今までの商圏と違い、また、品揃えも一部変わり、定番が難しくなり、集客方法も変わり、それ以外も進化しながら、変化していると思います。 嬉しいのは、今までとは違った成長店が少しずつ、OSRの得意先の中で誕生している事です。 詳しくは調査してから、またの機会にご報告したいと思います。
どちらにしても情報の中で自分の位置を確認し、正しい方向を見つける事が大事だと思います。 様々なアイデアの中で何が正論なのかを探す事が大事であり、いづれにしても一生懸命、全力で進まなくてはなりません。
それだけは確かです。

大阪船場流通マート株式会社
代表取締役 松本晶平